Bleeding

ブリーダーの種類

犬の世界では、ブリーダーは犬との向き合い方によって3つのタイプに分けられると言われています。
「シリアスブリーダー」犬とその犬種を愛し、知識も高い優良ブリーダー。犬種を健康的に存続させることを願っています。
「ホビーブリーダー」利益を追求せずに犬の血統を守ることに専念しているブリーダー。
「バックヤードブリーダー」うちの犬が可愛いからという感覚で生ませた子を売る、あるいはうっかり妊娠してしまった子を売るというブリーダー。犬種に対する知識が少ないことも多く、安価ではあるけれどトラブルも多いといいます。

ブリーダーと聞いて眉をひそめられる方は、パピーミルでの惨状や素人ブリーダーによるトラブルを連想されるからでしょう。

子猫はとても繊細で、ちょっとしたことで体調を崩してしまいます。
ですから、健康管理にはとても気を遣います。
きちんとしたブリーダーの元では、子猫は愛情をかけて大切に育てられています。

私たちは、キャッテリーのすべての猫の子供たちが、新しいご家族のもとで愛情をいっぱいに受けて、のびのびと育ち、家族の一員として愛され、健康に楽しく幸せに生きることを望んでいます。